聖中心道肥田式強健術・肥田春充

肥田春充先生は肥田式強健術の創始者。武道家ではなく達人と評されるかは?ですが、独自の鍛錬法を編み出し、神がかり的な心身の能力を手に入れた方。

昔はよく少年誌の広告に載っていましたが最近見ないですね。

肥田 春充(ひだ はるみち、1883年12月25日 - 1956年8月24日)は日本の肥田式強健術の創始者。思想家、著述家、体育家などとして活躍。

wikipediaのエピソードでは
・竹内流の免許を6ヶ月で取得した。
・剣道の突きで、20貫(75kg)はある大男を、5〜6間(9〜11m)は吹き飛ばした。
・運動場を10周すると、2位に1週分の差をつけて更に追い越した1位になった。
・学校での教科は国語、漢文、法政経済を得意としており10〜15分で試験の答案を書き上げたが、100点以外はとったことがなかった。
・杉の八分板を足の形に踏み抜いた。
・板の太い根元をかかとの形を残してへし折った。

もともと虚弱体質だった肥田先生は独自に呼吸法や体操を研究。丹田≒聖中心力の開発により一般人を凌駕する能力を手に入れ、歴史的な武道家や宗教家が達することのできた境地に達したそうです。

肥田春充についての情報は酒井嘉和さんのHP「聖中心道肥田式強健術」に非常に詳しく掲載されていますのでぜひご参照ください。



ともかく下腹部の異常な発達振りが物凄いですが、これも聖中心の鍛錬によるもの。体型的にはこちらの双葉山関のような感じ。




武道の役割を、身体開発→能力開発とするならば、一切動きが武道的なものでなくとも(但し、肥田式には護身術の型がある)これも武道と同じようなもの。古武術の身体開発的要素が脚光を浴びている現代の流れから、この「聖中心道肥田式強健術」ももっと再注目されていくかもしれません。

幻の超人養成法 肥田式強健術―腰腹同量 正中心の鍛錬を極めよ!
BABジャパン出版局
発売日:2005-11
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:74515
おすすめ度:2.5
おすすめ度3 初心者の実践の書
おすすめ度2 解釈に異議あり






パンチ 世界の格闘技・武術の動画を集めた姉妹サイトですこちらもご覧ください
世界の格闘技・武道・武術の動画@YouTube
目 他の武道・格闘技関係のブログをチェック
人気blogランキングへ / FC2 Blog Ranking / にほんブログ村 格闘技ブログ
タグ:肥田春充
この記事へのコメント
これは貴重な動画ですね〜
肥田春充は知っていますが、映像で見たのは初めてです。

一番興味のある抜刀術の動画が無いんですよね〜
Posted by 古流剣術 動画館 at 2011年04月30日 00:24
You Tubeには抜刀術の動画もあるから良く調べてご覧になったほうがいいですよ。肥田氏の動きも早くかなり迫力もありいいですよ。さすが強健術といった感じがします。ちなみに私は強健術を3年やっています。すばらしいので、もっと強健術をやる人が増えればいいなと思い書き込みました。
Posted by 一 at 2013年02月24日 17:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112369426
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
パンチ最近更新した記事の一覧

大東流合気柔術幸道会・堀川幸道師範(02/06)
堀川幸道師範は武田惣角先生に師事され、大東流合気柔術幸道会を設立。神秘的とまで言える「合気」の技法を極めた方で、既に達人として名高い六方会の岡本正剛…

八極拳・呉連枝vsテコンドー(02/05)
呉連枝老師は八極拳の武術としての実戦性を重視しておられて、散打(中国拳法の実戦形式の競技、用法)の技術の普及もされています。 これはテコンドー経験…

呉連枝老師の八極拳の実戦用法(02/05)
呉連枝老師の八極拳の実戦用法の解説。 中国拳法のYoutubeの動画もしこたまありますが、型の表演のものが多く門外漢の私にはよくわからん、イメージがわかな…

劉雲樵老師の八卦掌動画(02/04)
武壇・劉雲樵老師の八卦掌のYouTube動画。八卦掌はその名のとおり掌を使った技法と円の動きが特徴的な拳法。(だから○○拳ではなくて八卦「掌」)1970年代の…

気功と中国武術(02/04)
八極拳・李書文の最後の弟子、劉雲樵老師の「Chi-Kung」つまり気功ですね。気功のことはよくわからないので何とも言い様がありませんが。 中国武術をやる方…

熊野塾・引土道雄先生(02/04)
生前に開祖・植芝盛平先生より十段を受け、和歌山で開祖の合気道を伝えてきた引土道雄先生。塩田剛三、藤平光一など他の高弟達が脚光を浴びる中、非公式とはい…



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。