達人になるための方法論@体幹ブーム?

2009年もやっとこさ記事を更新しましたが、忘れてました。明けましておめでとうございます。

最近本屋さんに行くと、特にスポーツや武道関連のコーナーに行くと顕著な傾向として見られるのが、以前に比べ、能力開発的な内容のものが非常に多い。特に体幹トレーニングとか古武術とかコアとか、数年前はトレーニングといえば筋力トレーニングという感じだったのですが、明らかに傾向が異なってきております。

結局いくら筋肉を鍛えても「力の強いヘタクソ」にしかならない。ということに皆さん気がついちゃったってことなのかと・・・

こうした分野の先駆者と言えば高岡英夫氏や甲野善紀氏が思い浮かびますが、10年位前は高岡先生の本が普通に書店に並ぶなんて信じられませんでしたが・・・

こちらの動画はそうした傾向のもののひとつでありましょう。
肩甲骨を腕として扱うという、結構スタンダード?な極意?ですがこうした情報って数年前までは全くなかったですよね。(高岡氏や甲野氏の書籍には当然古くから触れられていましたが、普通の人が触れられる環境であったとは考えられない)


古武術 肩甲骨の動き
この方は高橋佳三さん。スポーツバイオメカニクスの研究者の方。
ホームページ
http://www.geocities.jp/keizo7/
http://www.bss.ac.jp/staff/da_takahashik.html

古武術for SPORTS―いきなりスポーツが上手くなる! (よくわかるDVD+BOOK―SJテクニックシリーズ)
スキージャーナル
発売日:2006-05
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:22402
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 武術の驚異、スポーツ科学の視点。目に見える甲野武道の基本です。
おすすめ度5 「目から鱗」モノです!
おすすめ度5 スポーツに応用した古武術ものでは一番わかりやすい。
おすすめ度5 おそらく一番わかりやすいのでは?


しばらくはこうしたトレーニング手法の模索や普及は続いていくでしょう。こうしたものが教育現場へ普及して若い方々に施されていくことで、結構達人への道が近いものになっていくのでは、と考えます。

逆に言えば極意や達人というものが、武道や武術のものではなくなる日が近くなるということも意味します。そうなれば武術や武道をすることの意味というものが一層問われていくのではないかと。よくわかりませんが。









パンチ 世界の格闘技・武術の動画を集めた姉妹サイトですこちらもご覧ください
世界の格闘技・武道・武術の動画@YouTube
目 他の武道・格闘技関係のブログをチェック
人気blogランキングへ / FC2 Blog Ranking / にほんブログ村 格闘技ブログ
タグ:高橋佳三
posted by kom at 2009/01/10/ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳>達人になるには
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
パンチ最近更新した記事の一覧

大東流合気柔術幸道会・堀川幸道師範(02/06)
堀川幸道師範は武田惣角先生に師事され、大東流合気柔術幸道会を設立。神秘的とまで言える「合気」の技法を極めた方で、既に達人として名高い六方会の岡本正剛…

八極拳・呉連枝vsテコンドー(02/05)
呉連枝老師は八極拳の武術としての実戦性を重視しておられて、散打(中国拳法の実戦形式の競技、用法)の技術の普及もされています。 これはテコンドー経験…

呉連枝老師の八極拳の実戦用法(02/05)
呉連枝老師の八極拳の実戦用法の解説。 中国拳法のYoutubeの動画もしこたまありますが、型の表演のものが多く門外漢の私にはよくわからん、イメージがわかな…

劉雲樵老師の八卦掌動画(02/04)
武壇・劉雲樵老師の八卦掌のYouTube動画。八卦掌はその名のとおり掌を使った技法と円の動きが特徴的な拳法。(だから○○拳ではなくて八卦「掌」)1970年代の…

気功と中国武術(02/04)
八極拳・李書文の最後の弟子、劉雲樵老師の「Chi-Kung」つまり気功ですね。気功のことはよくわからないので何とも言い様がありませんが。 中国武術をやる方…

熊野塾・引土道雄先生(02/04)
生前に開祖・植芝盛平先生より十段を受け、和歌山で開祖の合気道を伝えてきた引土道雄先生。塩田剛三、藤平光一など他の高弟達が脚光を浴びる中、非公式とはい…



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。